テーマ:間取り

今更 Ipad

もう発売からどのぐらいが経過したのでしょうか? Ipad・・・何が出来るのか? 全く知りませんが、最近思うことがあります。 仕事柄、お客さんの前で今までの施工写真などを ご覧いただきたいことがあります。 今のところ、印刷したものをクリアファイルに入れて 持ち運んでいますが、枚数は限られますし …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Google 特殊な検索機能

Googleだけではなく、WEB上では他社も多機能ですね。 翻訳機能なんてあたり前だし。 電卓機能も使うことがあるでしょうか? 建築に関して言いますと、「尺」という寸法があります。 昔ながらの寸法で、今ではこれをmmに直して表しています。 Googleの電卓では、この尺をmmに直すことも出来るの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

19世紀の家にガラスは受け入れられるのか?

築100年以上前。 19世紀の住まい。 さぁ・・・どうする? ガラスは、その歴史に勝てるのか? 大切に時間を刻んできた佇まいに融合できるのか? なんだか漢字が多くて物々しいか・・・ でも、やるしかないでしょ。 プレゼンで挑戦です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガレージを考える

午前中、新規のお客様を「D-HOUSE」へご案内。 ガレージを考える。 今まで設計したインナーガレージ付き住まいの 資料をご覧いただき、イメージ作りへ。 だけど、まずは土地からですな。 気に入っていただければ良いのですが こればっかりは難しい。 インスピレーションもあることだし、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シューズクロークを思う

シューズクローク・・・正しい定義はよくわかりませんが 出入りする玄関に置く下駄箱とは違い くつを収納するためのスペースを別に作ることでしょうか。 少し前から人気のあるスペースですね。 今までにも何邸か設計させていただいていますが シューズクロークと言うより、土間収納に近いかもしれませんね。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敷地と方位

プランを考えるとき、まずは敷地形状を頭に思い描きながら 方位を当てはめます。 それに回りの環境・高低差・道路の位置までを インプットし、どのような間取りがベストか?を導き出す。 地図で見ただけでは高低差が分からない。 最近は地図を写真で見ることができるから 多少はイメージが沸きますねぇ~ 鵜呑み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕暮れの現地調査

午後6時のすこし前。 現地調査に訪れる。 酷暑の時間帯を過ぎたこともあり、風が心地よい。 道路を挟んだ反対側の敷地では まだ基礎屋さんが工事をしてる。 ?何かあったのかな? 納期に間に合わないのか??? と、余計なお世話をしながら、敷地を測る。 広い敷地で、草と格闘すること30分余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE 30坪

30坪≒100㎡ 木造2階建て。 建売の平均が35坪前後のはずだから 少々コンパクトかもしれませんね。 でも4人家族の住む家として考えると 非常に面白い面積なのです。 スコーーーンと、うまくはまれば快適な間取りが出来上がります。 逆に要望をうまくリンクさせなければ 納まりきらな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキップフロア

スキップフロア お聞きになったことありますか? 高低差のある敷地などでは、1階、2階とかだけじゃなく もう少し階層を増やして家を造る方法です。 上下に広がりが出来るので、平面で計算した面積より 広く感じます。 下記アドレス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more